鍵紛失や開錠はプロに相談しよう~防犯対策エキスパート~

住宅

カメラで監視する

セキュリティ

犯罪予防にも繋がる

ショッピングセンターなどで一般的に利用されている防犯カメラも、今では一般住宅で利用されるようになっています。犯罪の増加に伴って年々利用者の数も増えてきているのです。防犯カメラには様々な役割がありますが、防犯グッズの中でも犯罪者の行動動機を抑制させる効果は高いと言って良いでしょう。防犯カメラで監視中という表記があるだけで、犯罪行動をやめておこうという心理になるのです。住宅に防犯カメラを設置する時も、できるだけ見えやすい場所に設置しておくのがポイントです。玄関や裏口の見えやすい場所に設置することによって、空き巣被害の予防に繋がるでしょう。また、カメラで監視することによってもしも犯罪が起きたという時でもカメラ映像で犯人を特定することができます。

室内にも設置しておこう

防犯カメラを利用する時に、玄関や住宅の侵入口に設置していれば良いと考える人も多くいます。しかし、防犯カメラが普及した現代では、犯罪者もカメラについては詳しく理解しているものです。防犯カメラに映らないように室内へ侵入する犯罪者もいるのです。もしも室内へ侵入された時の為にも、室内にも防犯カメラを設置しておくのが良いでしょう。玄関や裏口などの室外に比べると、室内の場合はカメラの存在にも気づかれにくいと言われています。特に室内の防犯カメラは幼い子供やペットがいる家庭などは特に取り付けておいた方が良いでしょう。スマホやタブレット端末と連携できる防犯カメラであれば、外出時でも家の状況を確認することができます。